藤森照信 王国社
建築探偵日記

建築探偵日記ー東京物語ー

僕の大好きな建築家・建築史家・建築探偵の藤森照信氏の著書。
お会いしたことはないけれど、著書からにじみ出る街角の建築に対する愛情に共感するばかり。

東京に生まれ、東京で育った私には、とてつもないスピードで変わっていく故郷の東京にと、そこで暮らしてきた人々の息遣いが感じられ、懐かしさと、子供時代を思い出させてくれる素敵な一冊です。

1日目から26日目迄、日曜を除いた1か月間の東京の、古き良き建築物を巡る旅の提案がなされています。

1986年から1992年まで季刊誌に連載されたもので、既に取り壊されてしまった建物も多いが、自分の子供の頃にはまだあったのだろうと思うと、多少の口惜しさも感じずにはいられない。

嬉しかったのは、鳥居坂にあったフィリピン大使館についての記述があったこと。
鳥居坂にあった旧フィリピン大使館は、小学生の頃、お化け屋敷として有名だった。鎖で鍵をかけられた鉄の扉の先に見える、焼けただれ廃墟と化した洋館は、異形であるが畏敬の念を抱かせる不思議な存在だった。

そんな当時の思い出を懐かしみ、新しい知識を与えてくれるのが、藤森照信氏の本です。
この本もそのひとつ。

当時の洋館やお屋敷は、現代ではマンションに建て替えられていることが多く、マンション仲介に携わる者としては、残念な気持ちになることも多いが、知っておきたい知識を得ることもできます。

いいマンション

  1. 三田マンション

  2. パークシティ溝の口

  3. ライブタウン浜田山

  4. ビラ・モデルナ

  5. 代官山コーポラス

  6. 上用賀タウンホーム

  7. パークシティ弦巻

  8. 東急ドエル桜台コートビレジ

  9. 秀和代官山レジデンス

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 奇跡の団地阿佐ヶ谷住宅

    2019.03.24

  2. 住まいと暮らしの質問室

    2019.03.18

  3. 建築探偵日記

    建築探偵日記ー東京物語ー

    2020.04.29

  4. 東京たてもの伝説

    2019.03.13

  5. 四谷コーポラス ~日本初の民間分譲マンション1956-2017~

    2021.07.23

  6. 明治の東京写真

    2021.07.24

  7. 家族をつくった家

    家族をつくった家

    2020.01.08