宮田慶三郎 金剛出版

アパートのすべて

アパートのすべて
宮田慶三郎著 東京コープ社長 金剛出版 1964年(昭和39年)8月20日発行

ヴィンテージマンション好きが集うと、必ずといっていいほど話題に上る伝説のヴィンテージマンション「コープオリンピア」。1965年の分譲当時は1億を超える部屋もあった超高級マンション。表参道のケヤキ並木との調和のとれた外観と、ファッションや文化の発信地原宿で、衰えることの無い存在感を見せ続けてきたマンションです。

もうひとつ忘れてはいけないのは、中野にあるコープブロードウェイ。現在はサブカルチャーの文化発信地として人気のあるブロードウェイですが、5階以上は芸能人や著名人が住んだ、高級マンションです。

東京オリンピックの1964年前後のマンション黎明期にあって、コープオリンピアやコープブロードウェイなど、現在ヴィンテージマンションといわれる、数々の高級分譲マンションを手掛けてきたのが、東京コープの社長宮田慶三郎。

医学博士として訪れたワシントンで、スーパーやレストラン、ランドロマット(ランドリー)や屋上庭園といった共同施設を併設した、「近代的アパート」の生活に魅了され、その後ヨーロッパ各地でアパートについて研究し、同様の近代的なアパート生活を日本にも根付かせようとした、高級分譲マンション開発の草分け的な存在です。

アパートのすべては、宮田慶三郎が、コープオリンピアとコープブロードウェイの建設中に書いた著書です。

宮田が理想とした近代アパートやそこでの生活スタイルだけでなく、当時の賃貸住宅事情やアパート経営について、金融機関の融資状況や税金なども書かれていて、当時の不動産事情を知る資料としても一読の価値があります。

コープオリンピアにある中華料理店「南国酒家」も宮田慶三郎の創業。宮田慶三郎が考える、コープオリンピアと南国酒家の関係性も面白い。

コープオリンピアに、温室や温室庭園のあるメゾネットタイプの部屋があるとは、はじめて知りました。もしまだそのまま存在するのであれば、取材させてほしい部屋です。

いいマンション

  1. 中野ブロードウェイ

  2. 三田ハウス

  3. 目黒セントラルマンション

  4. 白金今里アパート

  5. 藤和ライブタウン杉並宮前

  6. 等々力渓谷スカイマンション

  7. エスパシオ弦巻

  8. 大倉山ヒルタウン

  9. 秀和第二南平台レジデンス

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 四谷コーポラス ~日本初の民間分譲マンション1956-2017~

    2021.07.23

  2. 明治の東京写真

    2021.07.24

  3. 東京たてもの伝説

    2019.03.13

  4. アパートメント 世界の夢の集合住宅

    2019.03.18

  5. 沢田マンション物語

    2021.07.29

  6. 家の履歴書

    2019.03.13

  7. アパートのすべて

    アパートのすべて

    2020.01.08