川口アパートメント

文京区を代表するヴィンテージマンションのひとつ、川口アパートメント。

竣工当時、高級マンションだった川口アパートメントは、作家の川口松太郎が自宅の建て替えを兼ねて建てたマンションです。

竣工は昭和39年。東京オリンピックが開催された年。

エントランスを見ると広々としたスペースには車寄せがあり、共用部はモダンな内装にフロントサービス。かつては敷地内にプールやレストランがあり、住民同士の集いの場だったとか。玄関ロビーには、「家の美は心の美を作る」と書かれた川口松太郎直筆の額が飾られていて、出入りする度に身が引き締まります。

新築当時に住んでいた住人が贅沢で斬新な方々だった事が伺えます。

高級分譲マンションだった川口アパートメントは、約50年という年月を重ね、味わい深いヴィンテージマンションへ姿を変えています。

──────────────────────────
まずは、青山物産とゆるくつながりませんか?
是非フォローしてみてください!

■インスタグラム
www.instagram.com/aoyamabussan/
■ゼロアパ(中古マンション売買)
www.zeroapa.com/
■ガレージ賃貸(趣のある賃貸物件を紹介)
garage-chintai.com/
■青山物産ブログ(旅行記や近況)
www.aoyamabussan.co.jp/blog/
■賃貸管理の相談室(資産価値を高める賃貸管理)
aoyama-chintaikanri.com/
──────────────────────────

不動産コンサルタントに相談しませんか

売る/貸す、買う/借りるのお悩みについてあなたにとってベストな方法を提案します。
相談は無料です。

【社内保有資格】
ファイナンシャルプランナー(AFP)/(公認)不動産コンサルティングマスター/宅地建物取引士/CPM®(米国不動産経営管理士)/相続アドバイザー(NPO法人相続アドバイザー協会認定)/住宅ローンアドバイザー

その他のいいマンション

  1. 目白台ハウス

    • アプローチがいい
    • 昭和30年代
    • 文京区