団地/ゆったり敷地

マンション雅叙苑
目黒川の桜並木に面した小高い丘に建てられたヴィンテージマンション。結婚式場として知られている目黒雅叙園と一体となっているように建てられたヴィンテージマンション。敷地が品川区と目黒区の区界がある、珍しいマンションで1号棟~5号棟まであって、全体の総戸数が395戸。エントランスを抜けるとマンションに囲まれるように中庭があり、こういうゆとりの空間があるマンションは、しみじみといいなぁと感じます。
ソフトタウン祖師谷
ほぼ一街区の広い敷地には、保存樹木にもなっているケヤキが何本も植えられ、放射状に広がる枝は、遠目にもマンションの位置が分かるほど。橙のタイルが貼られた3階建ての雁行する建物が7棟並び、赤いブロックを敷き詰めた遊歩道が各棟をつないでいます。敷地の真ん中には、ひときわ大きなケヤキが植えられ、そばにはベンチが置かれています。
中野ブロードウェイ
中野ブロードウェイと言えば、サブカルの聖地で昭和レトロなお店が並ぶ商店街のイメージがあると思います。
本屋「まんだらけ」だったり、ジャンクな家電やレトロな玩具が並んでいたりと、独特な世界観がありますよね。
実は、上階が居住棟だということを知っていましたか?
中野ブロードウェイは、昭和41年に「東京コープ」という会社が手掛けた一大プロジェクト。
この会社は昭和40年に、ヴィンテージマンションの代表格「コープオリンピア」も手掛けております。
目白台ハウス
公爵山縣有朋、田中光顕伯爵、藤田伝三郎男爵といった華族が居を構えた文京区関口。
邸宅の跡地「椿山荘」へ向かう緩やかな坂道を上ったところに建つ、昭和37年築のヴィンテージマンション「目白台ハウス」です。
代官山コーポラス
コーポラスシリーズといえば、四谷コーポラスが昭和31年に民間で初めて分譲したマンションが有名で集合住宅史でも必ず登場します。
代官山コーポラスはその翌年に誕生しました。
マンションは1号棟と2号棟があります。
中庭のグリーンにとても癒されつつ、築年数は古いですが古いこそ時間に熟成された歴史を感じます。
新しい建物には間違いなく出せないオーラがあります。
秀和恵比寿レジデンス
青い瓦屋根に白いスタッコ壁、ロートアイアンの格子門にタイル張りで広めのゆったりとしたアプローチ。ヴィンテージマンション「秀和シリーズ」のひとつ、秀和恵比寿レジデンスです。
三田ハウス
港区三田5丁目のヴィンテージ、三田ハウスです。南北線・三田線「白金高輪駅」から歩いて7分。敷地内に色々なお店が入っていたり、高級レストランの「cote dor」が入っています。
南青山第一マンションズ
「表参道駅」徒歩1分のマンション。といいますか、表参道駅の上だったりします。
一度は見た事があるのではないでしょうか?小説家の向田邦子氏も住んでおり、小説の中で紹介されております。昭和45年に転居されたらしいので、新築で購入されたんでしょうね。今でも、高値で取引されております。まさに名作と言えるマンションです。
秀和代官山レジデンス
東横線「代官山駅」から歩いて6分の秀和代官山レジデンスです。
青い瓦屋根に白い外壁、一目で秀和と分かる個性的なその外観。
オシャレで若者に人気の街、代官山を代表するレトロヴィンテージマンション。
コープオリンピア
山手線「原宿駅」から歩いて2分のコープオリンピアです。
ヴィンテージマンションの代表格と言えるマンションで、立地、管理、歴史、全てそろっており、この築年数ですが全く関係ありません。また、明治神宮の表参道沿いにあり風水的にもよさそう(笑) 日本のマンション史上、初の億ションを輩出した物件でもあります。
Page Top